橘 徳也 D.C.

Lokapala-Chiropractic 院長

1974年7月、福島県伊達市生まれの末っ子長男姉二人。

工学部を卒業後、東芝エンジニアリングでシステムエンジニアに従事。その後 株式会社 豆蔵に転職し、ソフトウェア設計を主としたITコンサルタントへ。

開発現場におけるエンジニアの心身問題の相談を多く受け、また、家族の入院、自身の過労などの健康問題を経験。

その後、自分の強みである「システム分析能力」をソフトウェアから身体に応用する為にカイロプラクティック学を専門大学で学ぶ。横浜市港南区のカイロプラクティックケアセンターの副院長を経て、ローカパーラ・カイロプラクティック 院長へ

学歴

・東海大学 工学部制御工学科 卒業。
オーストラリア公立マードック大学 健康科学部カイロプラクティック・スポーツサイエンス学科 卒業
Bachelor of Science in Chiropractic 学術学位取得
Bachelor of Science in Chiropractic(カイロプラクティック理学士)東京カレッジオブカイロプラクティック卒業
Doctor of Chiropractic 職業学位取得学位 卒業論文「Influence on autonomic nerve system by chiropractic manipulation Evaluation of the fluctuation in blood pressure」

所属団体

ごあいさつ

はじめまして。橘 徳也(たちばな とくや)と申します。

 ~ カイロプラクティックとの出会い ~

もともと私はIT系技術者をやっていたのですが、過労の為に長期間寝たきりになった事がありました。その時に出会ったのがカイロプラクティックです。カイロプラクティック治療によって私の身体は劇的に回復していきました。

 ~ 技術者から臨床家へ ~

その後、職場に復帰し、昇進試験を目の前に控えた私は、自分の進むべき方向を迷っていました。技術者をマネジメントする立場に進むべきか、それともIT技術を極めるべきか…自分の強みである、分析力・問題解決力を活かして何か人の役に立つことが出来ないだろうか?と模索していた私にとってカイロプラクティックとの出会いは運命的でした。私がIT技術者としてやってきたことは、開発毎に開発の対象となる業種・業務を一から学び、問題点を分析し、改善策を導き出すことでした。それならば、今から基礎医学を学びカイロプラクターになることだって可能なはずだ!と決意し、カイロプラクティックの道に進みました。現在は、’出藍之誉’を座右の銘として日々の臨床に取り組んでいます。

 ~ 臨床への想い ~

波紋

一人の人が幸せになる、そして、その人の周りの人々も影響を受けて幸せになる。さらにその周囲の人々も…そんな水面に小石をおとした時に広がる波紋の如く、自分が担当した患者さんが元気になり幸せを感じてもらうことで周囲の人々が幸せになってゆく、行く行くは社会全体が元気に幸せになっていく、そんな臨床活動を目指しています。

趣味

サーフィン 、ボクシング

コーヒー豆挽き、ハーブティー、ガーデニング、DIY

直近の願い

・地元である福島県伊達市に治療院の福島分院を立ち上げたい!
・現在の自分の能力の礎を築いてくれたIT業界に対し、’SEの後方支援’という形で貢献したい!!

 

橘D.Cのブログ