case024:寝ているときに肘が痛い 横浜市保土ヶ谷区在住 50代 男性 大工

case024:寝ているときに肘が痛い 横浜市保土ヶ谷区在住 50代 男性 大工

来院時の症状

主訴

肘の痛みとしびれ

 仰向けになって寝る時にお腹の上で手を組んで寝る癖があり、2~3か月前位から肘がお腹の脇にあたって肘の周りに痛みと痺れが起きます。また、ここ最近になって小指と薬指の感覚が鈍くなってきました。
 腕が外側に反っているので整形外科で診てもらったところ、肘の骨が変形しているとのことでした。
 現在、仕事が忙しく肘の痺れと痛みで眠れないと疲れなくて困っています。

来院時の所見

  • 外反肘(18度)
  • 肘の内側を叩くと痺れが発生
  • 小指と薬指の感覚麻痺
  • 上腕三頭筋の過緊張

施術と経過

施術内容

  • 上腕三頭筋の筋緊張の解放
  • 肘関節の調整

経過

・初回の施術で外反肘の角度が18度→12度にまで改善。ただし、この時点では肘および指の痺れは残る。
・2回目の来院時(2週間後)に、肘および指の痺れ・痛みは消失。

担当者からのコメント

今回のケースは、肘が外反したことによって肘を通る神経が圧迫されて肘や指に痛みや痺れが起きていたものと考えられます。

外反肘の変形は、骨の変形は改善することはできません。しかし関節や筋肉の問題によって外反が強調されているものに関してはある程度の改善は見込めます。