case015:2ヶ月前からの腰痛 横浜市在住 16歳 高校生

4e6c57277ae2a9ee751b591eb2bb0250_s

どうしてもみんなと大会に出場したいんです!

2ヶ月前から腰が痛み始めました。整形外科で診てもらったら、椎間板ヘルニアと言われ痛み止めをもらったのですが効きません。牽引治療を2ヶ月間受けたのですが、痛みは和らぎませんでした。
お父さんが知り合いの人に「腰痛に効くどこかいい所は知らない?」と尋ねてくれて、ここを紹介されたので来ました。

中学生のときはサッカー部に所属していました。でも腰が痛くなったことはありません。高校生になってボート部に入って、練習中に腰が痛むようになりました。

部活の練習で腰が痛くなっているのはわかるんですが、今の部活をやめたくありません。どうしてもみんなと大会に出場したいんです!

横浜市 在住 16歳 高校生 ボート部

必死のトレーニングが報われない!!なぜ?

橘徳也

担当者:橘徳也

症状としては、いわゆる”ぎっくり腰”です。ただし、その原因は、部活における間違った体づくりにありました。

スポーツにおいて、筋力トレーニングは基本中の基本とおもいがちです。そして、うまくなるために必死になってトレーニングを行います。ここに盲点があります!

今回の患者さんは、反り腰の状態で、腹筋のトレーニングを1日300回位行っていました。本人も腹筋にはかなりの自信を持っていたようです。でも、検査すると腹筋の筋力は皆無に等しい状態。力を発揮しているのは腰の筋肉でした。腹筋のトレーニングと思ってやっていたのは全て腰の筋肉のトレーニングになっていたんです。

このように、体の状態を無視した筋力トレーニングをしていても、自分の望む結果になりません。スポーツをしている方で、トレーニングのしすぎで身体を故障している方。それは、自分にあわないトレーニングをしている可能性大です。一度、自分の体の状態(筋肉や関節の動き)を全チェックし、自分にあったトレーニングを行うようにしましょう!

今回のケースのまとめ

概要詳細

・ボートを漕ぐ動作をすると、腰に激痛が走る。
・体が前かがみだと楽で、腰をそらせると痛む。
・歩くことができるが、走り出すと腰が痛い。
・授業中、椅子に座っていても腰が痛くなるので、勉強どころではない。

・『骨盤矯正』と『腸腰筋』の緩和
・間違った体づくりをしています。正しい体幹トレーニングを再学習!

お勧めメニュー

・腰を反らせても痛み無し!
・約3ヵ月後に、ボート部に無事復帰!

・症状の軽減は1[回/1週]×2回、体幹トレーニングは1[回/3週]×5回です。
故障しにくい体つくりを覚えてもらいました。
その後、腰の状態は良好とのことです。

改善した症状

  • 腰痛

問題の分析

姿勢の特徴は、立っているときには反り腰で、座ると猫背になること。猫背になるのは、中学生のときに腹筋・腸腰筋の筋力トレーニングをしていたがストレッチを行っていなかった為に、腸腰筋が短縮してしまったことによる。

立っているときに反り腰になるのは、骨盤の前傾と、大腿四頭筋の短縮によるものである。

腸腰筋が短縮した状態で、腰をそらせると、短縮した腸腰筋が伸張されて痛む。そして、その痛みが関連痛として腰に現れている。

上記を踏まえると、この症状の原因は、間違った体作りによって体の筋力バランスが崩れてたことにある。

施術の計画

この症状に対して、行うことは大きく2つに分かれる。一つは、症状の軽減を目的とした筋肉と骨格に対する施術。もう一つは、正しい体つくりを学習してもらうこと。

施術と施術後の経過

施術は、骨盤の前傾を修正後、腸腰筋の緩和を行った。この施術で、腸腰筋の過剰収縮が消失したので腰を反らせる事が可能になった。症状は2回の施術でほぼ消失した。

その後、体幹トレーニングを中心とした運動神経の再教育を実施した。実施頻度は3週に1回で行った。5回目に、股関節を使った脚の伸展ができるようになってきたので、施術を終了とした。

ローカパーラ・カイロプラクティックは、働く人を応援します。

いい仕事をこなしつつ、自分の時間も楽しむ。常にいいアイディアが出るように体調管理を一緒に見詰め直していきましょう。

自分の健康に向き合うきっかけとして、お気軽にお問い合わせください。


ただ今、Web限定で初診料割引キャンペーン実施中!

クーポン

詳しくはこちら


Follow me!