症例集

case021:介護中に右背中から腰が痛む 20代 横浜市保土ヶ谷区 女性 介護士

痛みと立ち向かう女性の力:ケアギバーとして働く彼女の闘病記
profile
 
20代 横浜市保土ヶ谷区 女性 介護士。 彼女は、介護職という身体的な労働をこなしながら、自身も体の痛みと闘っています。

主訴

闘う彼女の隠れた悩み、背中から腰の痛み
介護中に右背中から腰が痛む。日々、高齢者の支えとなりながら、彼女自身も苦痛と闘い続けます。

所見

痛みの要因、探り出すカイロプラクターの手


疼痛部位:右背中から腰にかけての痛み。
増悪因子:立っているときや、荷物を持つと痛みが増す。
姿勢:反り腰。何気ない日常の中に、痛みの原因が潜んでいました。

分析結果

明かされる痛みの正体
筋筋膜性疼痛が疑われます。痛みを出しているの部位は、右起立筋。彼女の痛みに名前がつけられ、治療への道筋が見え始めます。

原因

体のバランスと痛みの関係
彼女の姿勢は反り腰で、腰部の起立筋は常に過緊張気味。彼女が介護の一環として相手を支える動作で腸骨が傾き、筋筋膜性疼痛が発生している可能性があります。

施術計画

光明を照らす施術計画
骨盤矯正および脊柱の骨格調整、左脚筋膜リリース、左大腿四頭筋のストレッチ。希望が見え始めます。

施術と経過

闘いは進み、痛みは後退
ストレッチで痛みが7割減少し、さらに骨盤矯正と骨格調整の実施後、彼女は右背中から右腰にかけての痛みを感じなくなりました。勝利の瞬間です。

考察

立ち向かう姿勢、反り腰の教訓
反り腰は、日常生活中でも腰の筋肉が緊張し、体が傾き始めると痛みを生じる可能性があります。彼女の体験は、私たちに新たな視点を提供してくれます。

備考

あなたに贈るセルフケアの提案
反り腰の人には、「反り腰ストレッチ」がお勧めです。反った腰をストレッチし、筋肉の過緊張を和らげてみませんか?彼女の闘いが、あなたの健康生活のヒントとなりますように。
監修

橘徳也D.C.

1974年、福島県生まれ。2012年豪州Murdoch大学を卒業。D.C.(=Doctor of Chiropractic)の称号取得。日本カイロプラクターズ協会(JAC)会員。日本カイロプラクティック登録機構(JCR)登録。

ご参考


  • 内臓マニピュレーション

    手技によって個々の臓器の正しい動きを回復させます。


  • ストレッチ

    緊張した筋肉を伸ばし、筋バランスを整えます。


  • 筋膜リリース

    専用器具を用いて、筋膜の滑りを良くし、筋肉をスムーズに動かします。


  • 定期検診

    習慣が変わらなければ再発する恐れも。そんな不安を感じる方へ。


  • カウンセリング

    お悩みを伺い、現在の身体状態の説明と、改善プランを提案します。


  • カイロプラクティック

    症状の原因となる骨格の歪みを手技で調整します。